2018年4月22日日曜日

新人合宿雲取山2隊


新歓イベントとして新入生を連れて雲取山に登ってきました。1隊とは異なり、鴨沢から入山するルートを取りました。諸事情により本ルート完遂はなりませんでしたが、天気に恵まれ気持ちのいい山歩きができ、新入生も楽しんでくれました。
記:武井
雲取山山頂にて
メンバー:3 sW勝木、sEsH坂田、CL曽根田 2 EH請川、F浦中、sL武井、W橋口 1今田、江崎、小林、関野、藤吉

新人合宿雲取山1隊

今年度の新人合宿1隊は、東日原から登り石尾根を経由して奥多摩駅に下山するルートをとった。晴天に恵まれ、素晴らしい景色を楽しめた。


雲取山からの気持ちいい稜線歩き。
記:豊島
参加者
3 L 豊島 今本 sW佐久間 幕内 2 E黑瀬 F嶋中 WH仲渡
1(新入生)7名

2018年4月14日土曜日

本間沢


自分にとって、今シーズンの沢はじめ。
電車ではなかなか行きづらいが、楽しい本間沢で沢の感覚を取り戻す。
迫力のある12×15m
記:梅宮
メンバー:L梅宮、久保、FW勝木、EH曽根田、幕内

残雪スキー ナルミズ沢


  


2018.04.14日帰り

面子 : H藤原 L川原 F村田 W西山 E浦中

昨年秋から温めていた企画。日曜の天気が悪いので強行軍の日帰りとなった。メインピークは吹雪に阻まれ行損ねたものの、本題のナルミズ沢は広く快適でいい滑走だった。問題はその下の沢の徒渉と夏道だった。次はぜひ雪の多い3月に。
ナルミズ沢は広い。左がS字の脇にある大岩。

2018年4月9日月曜日

マスキ嵐沢

寒の戻りということもあって、朝は肌寒く霜柱もあった。だが、稜線に出るとそよ風が心地よく花がいたるところに咲いていた。4年会の認定もかかった沢はじめ。
記:久保


参加者
OB7CL鈴木さん 4 sL久保、中津 3勝木、坂田[2]、幕内 2浦中[1]

F7を登る